あらかると
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふそう


三菱FUSO CANTER

これチョロQ?

Mr.&Ms.迷う。









拍手する

↓ポチッ
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

菓か舎







菓か舎(かかしゃ)の「札幌タイムズスクエア」は、とろけるようなクリームがたまらない。











拍手する

↓ポチッ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ここはどこ?







日本です。






北海道です。






砂川(すながわ)です。




道央自動車道砂川パーキングエリアに隣接している、



砂川ハイウェイ・オアシス」です。


メロンや毛がに、お菓子などの北海道の特産品が多数売られています。

北海道こどもの国」はこのお隣です。





拍手する

↓ポチッ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

バスガイド松本あずみちゃん


TOMYTECのバスむすめ
~バスガイド制服コレクション~1
全6種(11タイプ)


長野県松本市の、アルピコハイランドバスのガイドさん松本あずみちゃんです。
今日も笑顔でたくさんのお客さんに春の信州を案内しています。


あらら・・・・・

あずみちゃん 「          ~ 」










長野のお仲間からのゲリプレでした♪
有難うございました~。
08P5200104.jpg




拍手する

↓ポチッ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

[トルコ第8日目] 旅の終わり

今回同行してくれた劇団員たち
出番の少なかったモノもあるけどお疲れ様でした。


トルコ時間 5月3日(日) 17:10
トルコ航空TK-50はイスタンブールを発った。 
日本までは12時間


P5040770.jpg
食事は2回。




P5040771.jpg
山陰地方から日本に入る。



P5040774.jpg
雲がとても低く垂れ込めた成田空港に着いた。
トルコ時間5月4日(日)午前5時
日本時間同日午前11時

エアポート連絡バスで羽田へ移動
新千歳空港には午後4時に着きました。
気温が11℃にはブルッ!

8日間の旅は終わりました。

お付き合いくださったかた有難うございました。m(_ _)m




<余談>
P4270013.jpg  P4270014.jpg  P4270015.jpg
出発する時に成田空港第1ターミナルの南ウイングで出会ったツインの巨大オブジェ
そして同じ南ウイングの中2階に構えている「銀だこ」
妙に印象深い取り合わせ
思い出としてショットを残しました。



拍手する

↓ポチッ
[トルコ第7日目] トルコすタイル

トルコといえば、じゅうたんが有名だけど、
イスタンブールのモスク(寺院)には、その内部が見事なタイルで覆われているところがある。
じゅうたんの模様と共通するようです。
その柄をしおりにしてモスク近くで売っていた。
お仲間のところで取り上げてくださったショットを真似しちゃいました。(^^ゞ

いよいよトルコでの最終日
今日もイスタンブール市内を巡った。


<今日の朝食>
P5030693.jpg



P5030701.jpg P5030702.jpg
旧市街にある「リュステム・パシャ・ジャミイ」
イズミック・タイルが内装に使われていてとても美しい。


<イスタンブール歴史地区>≪世界遺産≫
P5030720.jpg
世界で最も美しいモスクといわれる「ブルーモスク
件の豪華客船で訪れた観光客でごった返していた。


P5030719.jpg P5030733.jpg P5030734.jpg
ビザンティン建築の最高傑作ともいわれる「アヤソフィヤ」


P5030718.jpg  P5030750.jpg 
焼き栗?
珍しくローズピンクの観光バスが。


P5030752.jpg  P5030755.jpg  P5030756.jpg  
定番の「グランバザール」は5000の店舗がひしめく。
長時間彷徨うと確実に迷子になりそう。
「ナザール・ボンジュー」というガラス製の「目玉」は「魔よけ」だそうで、
いたるところで見かけた。
キーホルダー、ストラップ、壁掛け、、何でもありのよう。


<今日の昼食>
P5030761.jpg  P5030762.jpg  P5030764.jpg
シーフード。。。。というけれど。



いよいよお別れ
現地ガイドのアフメットさん(右)、7日間お世話になりました。
流暢な日本語とどこへ行っても熱心な説明には心を打たれました。
イスタンブールのアタチュルク空港で記念撮影。
有難うございました。
P5030766.jpg



↓ポチッ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

[トルコ第6日目]  もう一度来るーず。

ボスホラス海峡クルーズ
ヨーロッパ側とアジア側の景色を同時に楽しめる
ベイレルベイ宮殿(アジア側)



異星カッパドキヤからカイセリへ向う

P5020524.jpg  P5020526.jpg
カッパドキヤのバルーン・ツアーの気球がいっぱい浮いている。
風がなく、空気の澄んでいる早朝がその時間帯なのだそうだ。


カイセリ空港からイスタンブールへ戻る

P5020536.jpg  P5020538.jpg
いままでお世話になったバスともここでお別れ
タクシーは黄色で統一
可愛いのでパチリ♪


P5020541.jpg  P5020540.jpg  P5020545.jpg
小さなカイセリ空港からトルコ航空でひとっ飛び  1時間30分


飛んでイスタンブ~~ル♪

いつか忘れていった こんなジタンの空箱
  ひねり捨てるだけで あきらめきれる人
  そうよ みんなと同じ ただのものめずらしさで
  あの日 しゃれたグラス
     目の前に すべらせて くれただけ・・・

  おいでイスタンブール うらまないのがルール
  だから愛したことも ひと踊り風の藻屑(モクズ)
  飛んでイスタンブール 光の砂漠でロール
  夜だけの パラダイス

胸にかすかにしみた 低い電話のさよなら
  かすり傷一つ 残せもしない人
  そして性懲り(ショウコリ)もなく すぐに痛みもぼやけて
  今日は今日の顔で
     描(カ)きあきためぐり逢い 描(エガ)いてる・・・

  おいでイスタンブール 人の気持ちはシュール
  だから出合ったことも 蜃気楼(シンキロウ) 真昼の夢
  好きよイスタンブール どうせフェアリー・テール
  夜だけの パラダイス

  飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール
  夜だけの パラダイス



P5020548.jpg  P5020551.jpg  P5020557.jpg
イスタンブールは大都会
人口が一番多くて、約1200万人
首都アンカラは、約360万人
トルコ全土で、7100万人 面積は日本の約2倍


<今日の昼食>
P5020570.jpg  P5020571.jpg  P5020572.jpg
ドネルケバブ


イスタンブール歴史地区≪世界遺産≫
P5020576.jpg  P5020580.jpg  P5020584.jpg
トプカプ宮殿
「表敬の門」をくぐり「厨房跡」「中国・日本陶磁器展示室」「ヨーロッパ陶器・銀製品展示室」
を見学して、
「謁見の間」を通り「第3庭園」へ
宝物館」でたっぷり宝物を見学も撮影禁止


ボスフォラス海峡クルージング
Image1.jpg
このクルーザーは11人だけの貸切であった。


P5020652.jpg  P5020658.jpg  P5020660.jpg
アジア側には、百数十年前の宮殿がいくつかある。


P5020625.jpg  P5020627.jpg  P5020628.jpg
ヨーロッパからの豪華客船が4隻も着岸していて、街中は大賑わい。


P5020668.jpg  P5020667.jpg  P5020666.jpg
市内には高層ビルが林立する。
が、工事中の様子を見て驚く。これまでにもいくつもの建設中の建物を目にしたが、
構造がスレンダー(壁や床が薄くて、柱が細くて)なのには息をのむ(不安で!)
そして恐ろしいことに、安全対策が「無」に等しい。
足場が無く、手すりも無い。
工事現場でヘルメットをかぶった作業員を見かけない。。。。


<今日の夕食&ベリーダンス>
P5030677.jpg  P5030681.jpg  P5030686.jpg

P5030684.jpg  P5030688.jpg  P5030689.jpg



<今日のホテル>
P5030671.jpg  P5030674.jpg  P5030676.jpg
シェラトン イスタンブール マスラック ☆☆☆☆☆





↓ポチッ
[トルコ第5日目] きのこのこのこ
P5010448-3.jpg
ついに撮りました。
AKI☆Qグフスマートと“きのこ”

<今日の朝食>
P5010370.jpg
今日もあったぜ、ゆで卵とヨーグルトv(^^)v

コンヤからカッパドキアへ
215Km 3時間

P5010374.jpg  P5010376.jpg  P5010378.jpg
スルタンハンなる町にあるキャラバンサライ(隊商宿)
国営の豪華な“旅館”はシルクロードを行きかう隊商を無料で泊めたのだそうです。


P5010404.jpg  P5010381.jpg
こんな景色が、カッパドキアに近づいたことを知らせる。

<ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群>≪世界遺産≫
P5010383.jpg  P5010382.jpg  P5010385.jpg

P5010387.jpg  P5010396.jpg  P5010397.jpg
カイマルク地下都市
キリスト教徒がアラブ人の迫害から逃れるために造った巨大地下都市
5000人以上が住んでいたといわれる地下8階構造
食料庫から教会まで、生活する機能が全て整っていた。


P5010399.jpg  P5010403.jpg
地下都市入り口付近にはお土産やが並ぶ。
陶磁器とチャイセットはお土産の代表格


P5010406.jpg  P5010409.jpg


<今日の昼食>
P5010415.jpg  P5010420.jpg  P5010422.jpg
スープ、トマトベースの豆の煮込み?、ニジマスのオリーブ油いため
ここは、洞窟レストラン
初めて全員揃った写真をパチリ
P5010423.jpg



いよいよだ。

思い描いていたきのこ岩が眼前に顕れはじめた。
P5010427.jpg  P5010432.jpg  P5010433.jpg

P5010435.jpg  P5010436.jpg  P5010437.jpg
テブレントは、“らくだ”で有名



P5010443.jpg  P5010446.jpg  P5010449.jpg
エセンテペは、きのこの親子岩で有名


P5010451.jpg  P5010452.jpg
途中、トルコ絨毯の専門店(工場)に寄った。
織っているところも見学
殊に絹織りの模様も質感も見事な絨毯は高~い!
けど素晴らしい!


P5010463.jpg
ローズヴァレーは夕日で真赤に染まるという。


P5010464-2.jpg
ウチヒサールは、「3つの要塞」


P5010472.jpg P5010475.jpg
ギョレメを見渡す。


P5010483.jpg  P5010488.jpg  
ラブヴァレーは皆で1時間ほどのトレッキングとなった。


P5010507.jpg P5010511.jpg P5010515.jpg P5010517.jpg

P5010518.jpg P5010519.jpg
パシャバーは、谷一面にキノコ岩が広がる。
別名「妖精の煙突」ともいうそうだ。

思い描いていた以上に広大なギョレメ地区に広がる奇岩と奇景の数々。
その愛称をカッパドキアという。
大きな満足とともに彼の地をあとにした。

今日の宿は、地元のリゾート デデマン カッパドキア ホテル
ロビーには、陶製のカッパドキアレリーフが飾ってあった。
P5020521.jpg



↓ポチッ
[トルコ第4日目] 雪ですか?
P4300295.jpg
ここは、石灰棚の温泉が広がるパムッカレ
荒々しい景観にもAKI☆Qのグフスマートが似合います。
晴れていたらもっと綺麗だったのだろうなぁ。


<今日の朝食>
P4300252.jpg
ゆで卵、見ーっけ!


ヒエラポリス・パムッカレ>≪世界遺産≫
P4300266.jpg  P4300272.jpg  P4300274.jpg
ヒエラポリスは、ベルガモン王国、ローマ時代の遺跡
隣接して石灰棚が広がる。


P4300282.jpg P4300288.jpg
石灰棚には温泉が流れている。
真っ白な石灰で出来た段々畑の形状が広がっていている奇景である。
その“畑”に裸足になって入ることが出来る。


P4300290.jpg P4300291.jpg
石灰岩の上にチョロQを置いたら、偶然にも、とってもちっちゃなカエルさんが顕れた。
じーーっとチョロQを凝視するや、その前方を横切ってまた止まった。。。之図です。


P4300302.jpg
夏場はとても高温になるので、わんさか訪れるヨーロッパ女性はほとんどがビキニスタイルだそうです。

コンヤへ向った。 410Km 5時間30分


<今日の昼食>
P4300312-2.jpg
「トルコ風ピザ」だそうで、なにやら美味しかった♪
というか、日本人の味覚に合っていた。
デザートは、どれも甘い。蜂蜜がにじみ出てくる。


P4300316.jpg  P4300320.jpg  P4300328.jpg
国産車は無いので、外車ばかり。
日本車では、トヨタ、ホンダ、ニッサンを見かけるが決して多くはない。
ベンツ、フォード、オペル、ヒュンダイ、、、実に多種多様の車種。
このパトカーは左がカローラで、右はヒュンダイか?

コンヤに着いた。
路面電車が走っていた。

P4300335.jpg  P4300352.jpg
メブラーナ博物館(左)、インジェ・ミナーレ神学校(右)


P4300346.jpg  P4300347.jpg  P4300348.jpg
コンヤの中心街
チューリップの造形品はあちこちで見かける。
連接バスも走っている。


P4300357.jpg  P4300361.jpg  P5010363.jpg
コンヤでの今夜の宿はデデマンホテル
ホテルの向かいに大型ショッピングセンターがあったので夕食前に覗いてみた。
食品を少々買い込んだ。
さすがにチョロQは売っていない。


気が緩んだせいか、夕食の画像を撮り忘れた。<(_ _)>


↓ポチッ


[トルコ第3日目] グフが行く
P4290214.jpg
エフェスに登場した「グフスマート」
古代遺跡にはAKI☆Qさんのテクでリペイントされたガンダムシリーズがお似合いです。


<今日の朝食>
P4290116.jpg
オリーブの漬物?とチーズはどこでも豊富です。
日常の朝食ではこんなに食べないのになぁ。。。。


P4290139.jpg  P4290147.jpg
エフェスへは、250Km 3時間30分
国内には一応鉄道もあるのですが、圧倒的な車社会です。
列車を見るのはとても稀なことだそうです。


P4290124-2.jpg
名産のトルコ石
途中寄った専門店で写真を撮らせていただきました。
ついでにトイレもですが、こちらはタイルです。


<今日の昼食>
P4290154-2.jpg
トルコ料理が世界三大料理に入るか否かは専門家に任せておいて、
代表選手のシシカバブーの登場
ようは肉の串焼き
焼き鳥とかバーベキューの類
今回のは牛肉の串焼きでナムに包んで「食べろ」というもの
焼き鳥好きにとっては、まぁおいしかったですが。
焼酎でもありゃ、ぐーーっ。


エフェ(ソ)ス古代都市遺跡
P4290161.jpg  P4290167.jpg  P4290173.jpg
紀元前130年頃が黄金期
ヴァリウスの浴場から続くエフェスの古代都市遺跡(左、中)
オデオンは1400人収容の会議場(右)


P4290178.jpg  P4290179.jpg  P4290182.jpg
プリタネイオン(市議会堂)(左、中)、メミウスの碑(右)


P4290185.jpg  P4290188.jpg  P4290189.jpg
クレスト通り(左、右)、トラヤヌスの泉(右)


P4290192.jpg  P4290196.jpg  P4290199.jpg
クレスト通りの住居前大理石の彫刻(左)、ハドリアヌス神殿 (中、右)


P4290211.jpg  P4290233.jpg  P4290233.jpg
セルスス図書館(左)、24000人収容の大劇場(中、右)


P4290241.jpg 
 観光用ラクダ
 有料とは知らずにシャッター押した。
 気付いて、足早に去った。
 




パムッカレへ 185Km 3時間


<今日の夕食>
P4300249-2.jpg



<今日の宿>
P4300259.jpg
サーマル コロッセア ホテル
入り口には☆が5つ付いてたぞ。
温水プールで泳ぎ、サウナで汗を流し、ハマムなるトルコ風呂(洗い場)でくつろいだ。
思えば、日本以外では素っ裸で赤の他人と風呂に入るなんてぇことはあまり無いわけで、
ハマムは、外国では珍しい、協同洗い場っうことだ。な~んだぁ。
どこも、海水パンツ着用でした。



※このトルコシリーズが終わったらプチプレゼント企画があります。

↓ポチッ

[トルコ第2日目] とろい?

戦闘員も\(゚o゚;)/ウヒャー
木馬じゃーーっ!
とても大きいので、とろい?


<今回のコース>
某旅行社のトルコ8日間コース
参加者は我々夫婦を含んで11名+添乗員さん+現地ガイドさん
P4300257.jpg
このマップは、現地ガイドのアフメットさんが描いてバスの前方に貼ってあったもの。
彼は、日本語べらべらで、ひらがなとカタカナも書いてしまう36歳既婚。

行程は、マップのとおり、

 成田 → イスタンブール → トロイ → アイワルク → エフェス → パムッカレ → コンヤ → カッパドキヤ → カイセリ → イスタンブール → 成田

個人的に最大の目的は、あの「カッパドキア」の奇景を見ること。
んじゃ、しゅっぱーつ!

<今日の朝食>
P4280034.jpg
 定番のホテルバイキング
 ただし、トルコではコーヒーを落として飲む習慣が無いらしい。
 (トルココーヒーというどろどろしたのがあるけど馴染まない。)
 一般的にあるのは、インスタントコーヒー
 そして、バナナが高価なためバイキングのメニューには載らない。


 トルコは、マルマラ海、ボスポラス海峡を隔てて、イスタンブール(旧首都)のあるヨーロッパ側と首都アンカラのあるアジア側に分かれている。
 イスタンブールからトロイまで350Km、バスで約6時間30分の道のり
P4280041.jpg

P4280044.jpg
日本のお茶は、トルコでのチャイ
少々苦い紅茶風
甘党は、砂糖を入れて飲んでくだチャイ。
トイレ休憩するドライブインで気軽に飲める。0.5トルコリラ(=50クルス=50円)くらい。


P4280046.jpg  P4280047.jpg
P4280051.jpg
マルマラ海をバスごとフェリーで渡りアジア側へ。

<今日の昼食>
P4280054-2.jpg
昼食のパターンは決まっている。
まずスープとパン
次にメイン(魚とか肉料理)で、最後にデザート


トロイ遺跡>≪世界遺産≫
P4280062.jpg
 紀元前3000年から紀元400年まで繁栄と衰退を繰り返したトロイの軌跡は、9層になった遺跡の発掘によってひも解かれた。
P4280065.jpg  P4280067.jpg

P4280073-2.jpg
チューリップはトルコ発祥の花

P4280083.jpg  P4280086.jpg  P4280091.jpg
 ローマ時代の野外劇場、国宝級の遺跡のかけらがごろごろ
 トロイ戦争での木馬の存在は史実らしいが、これほどの巨大なイメージはホメロスが描いたもののようだ。
 
P4280096.jpg 

 大型観光バスは例外なく真っ白
 ナンバーを覚えておかないとエライことに。
 多くのメルセデスベンツ製と少しの三菱ふそう製


 


 アイワルフへ2時間30分
 グランドテミゼルホテル泊

<今日の夕食>
P4290113-3.jpg
 夕食は、ほとんどがホテルのバイキング形式
 日本人の口には合わないというのが一般情報
 グルメの旅でもないので気にもせず。
 世界三大料理にトルコ料理を入れる場合があるようだが、はなはだ疑問



※このトルコシリーズが終わったらプチプレゼント企画があります。

↓ポチッ

[トルコ第1日目] EFES & TUBORG
P4270018.jpg
2008年4月27日(金)
トルコ航空 TK51便 成田発12:50 イスタンブール行
13時間の空の旅。飲む食う出す寝るしかない。
飲み物サービスでさっそくビール。
トルコの「EFES」(エフェス)
ふつうのごく普通のビール。
じゅうぶんです♪ サービスですから。


P4270022.jpg
早くも夕食? 
遅い昼食でした。
「チキン or パスタ?」
「チキン and ビアね」
今度は「TUBORG」(ツボルグ)が来たぜ。
食後のお飲み物?
「ビアね」
こんどもTUBORGが来たぜ♪

P4270023.jpg
雲の上だしー
気持ち良くなってきたしー
眠たいしー
P4280032.jpg
雲の下は、ツンドラだしー


P4270028.jpg
ヒマだから遊び始めたでー♪


P4270029.jpg
油断してたら、またご飯だ。
「ビアね!」
「NO~ ビアモウアリマセン。アナタノミスギマシタ。」
「どひぇ~! んじゃワイン、レッドぷり~ずだす。」


P4270031.jpg
もうすぐらしいでー
ロシアから南下しはじめたでー
黒海超えたら着くでー

P4280033.jpg
屋根が赤い。
イスタンブール・アタテュルク国際空港
着いたぞーーーーー

現地時間は、4月27日(金)19:30
日本との時差は、マイナス6時間。

気温は10℃前後。ぶるっ。
空港内でトルコリラに両替して、
イスタンブールのスルメリホテルへ向ったのでした。


※このトルコシリーズが終わったらプチプレゼント企画があります。

↓ポチッ

せりふクイズ優秀賞他の発表です!
全19作品の応募有難うございました。
各作品へのコメントレスは、前スレッドでさせていただきました。
では、発表です!






















って、優劣付けがたいのはいつもの通りです。
予告どおり、ぷーちょろの独断と偏見で選びましたので、恨みっこ無しでお願いします。






あっ、そうそう、賞品の確認です。
「チョロQ」、「フィギア等」、「ほっくーなんでもスタンド」、「イスタンブールのお土産(トルコ布製しおり)」(画像追加しました)です。
08P4240005.jpg 08P4250004.jpg 08P5050021.jpg






で、賞と賞品は、
1)最優秀賞:1作品(1名様) 全賞品の中から3品を優先選択していただきます。
2)優秀賞:3作品(3名様) 全賞品の中から2品を応募順に選択していただきます。
3)参加賞:上記以外の方々  全賞品の中から1品を応募順に選択していただきます。
 ※応募された方には、希望品をお尋ねする賞品リストを添付したメールを差し上げます。
 ※複数応募された方も、まことに勝手ですが、1)、2)、3)のいずれかひとつの賞とさせていただきます。

で、で、やんくみ(偽)さん、GW前なのにさん、狂Q病感染者さんは、
至急!メアドを教えてくださいませ。
(「ちょろQ北海道」TOPページ下段に当方へのメール欄があります)

ほかに、当方がメアドを知らないだろうと思われる方がいましたら、お知らせ願います。

あとは、、、コプさん、箱入り娘さん、マスクメロンさん、ニューフェイスさん、食ってんなさんは、あなたとあなたとあなたですね(^^)v






では、


















1)最優秀賞は、

ごくせん

     一時限目  英語
先生   「みんな、名前を英語で言ってみてね!」
メロン  「マイネーム イズ メロン」
たこQ  「マイネーム イズ タコボール」
マリモ  「マイネーヌ イズ マリモ」
イクラ  「マイネーム イズ ハマチ」
全員   「???」
たこQ  「なんでやねん?」
イクラ  「だって・・ハマチ→ハウマッチ→いくら?でしょ?」
マリモ  「う~ん1見事な三段論法!」

     二時限目  体育
メロン  「センセー、たこQ君に槍投げの槍が刺さっています!!」
たこQ  「・・・・・爪楊枝やねん。」

     三時限目  社会
メロン  「故郷の夕張は財政再建団体になって大変よ。」
たこQ  「大阪も巨額の財政赤字でお先真っ暗。」
イクラ  「最近じゃ私の仲間も偽者が出回っているみたいだし。」
マリモ  「阿寒湖の自然もいつまで守れるのかな?」
全員   「う~ん・・・・」

     四時限目  生物
先生   「今日は藻の観察をしましょう。」
イクラ  「あれっ?マリモ君がいないぞ?」
先生   「・・・。」

     給食の時間
先生   「今日のお昼はなにかな?」
たこQ  「あっ!」
イクラ  「いっ!!」
メロン  「うっ!!!」
先生   「んっ!うまいっ!」

     放課後
そして・・・誰もいなくなった。

(注) ごくせんとは極悪戦闘員の略である。
2008/04/27(日) 16:23:17 | URL | やんくみ(偽)




2)優秀賞

①第1作目は、

応募しまっす!!!

タカラトミー担当者のつぶやき
企画会議にて・・・
「丸い球体の金型を使ったチョロQの次回作のアイデアを挙げていってください」
「マリぃモのと言えば 最新作はメロンQなので、次回作はイクラくらいで売ればいいでしょうね・・・
タコさん作りすぎると不良在庫になりますし、悩みどころでありますが、どうしましょうか??」
「キャラクターものが流行っているので、企業コラボでコカコーラさんと組んでみたいです!! 次回作は是非Qooという線はどうですか???」
という、企画会議が実際に行われたら嬉しいな(笑)
2008/04/26(土) 11:49:15 | URL | けーじゅん


②第2作目は、

じゅる

「メロンかぁ 暫く食べてないよね~」
「こんなに綺麗な網目のメロンは見たことないよ」
「だよね~ いつもツルっとしたメロンだもんね」
「そうそう、こんな感じのヤツ」

「俺はマリモだっ!イクラなんでもメロンと間違えるなんて、このタコッ!!」
2008/05/03(土) 10:22:28 | URL | 食ってんな


③第3作目は、

顔Q~♪

イクラ
「ボク達は目や口が付いてるから みんな顔チョロQだね!」
メロン
「たこ焼きくんには目や口が付いてないよ!」
マリモ
「そりゃ阿寒!!目をつけ忘れたのか?」
たこ焼き
「違うで~ 関西人はたこ焼きに目がないねん。
オレは大阪の顔やしなぁ。」
2008/05/03(土) 21:39:24 | URL | ニューフェイス


っつうことでした。
その内(忘れたころに?)またやりましょう♪
参加をお待ちしています。
お付き合い有難うございました。m(_ _)m





↓ポチッ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。